高濃度人工炭酸泉

医療の世界からきた『高濃度人工炭酸泉』って?

ドイツでは古くから「心臓の湯」として知られ、国内でも人工的に再現した「高濃度人工炭酸線」は多くの医療機関で重度の血流障害の治療に役立っています。
全身があわでおおわれることから「ラムネの湯」ともいわれています。

おすすめ
血行促進効果は、さら湯の『約4倍』といわれ、またボア効果による代謝促進が期待できます。

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、関節のこわばり、くじき、冷え性、切り傷、やけど、糖尿病、高血圧、アトピー

高濃度人工炭酸泉